妊娠線 ケア

妊娠線のケアを怠ったことを後悔しています

私は今から約5年前と3年前の2回出産を経験しています。

 

一人目を出産した時は、あまり妊娠線に対する知識がありませんでした。

 

そのため、特に毎日妊娠線ができないようにする対策もとっておらず、お腹の大きくなってくる後期にかけて、お腹と太ももの付け根にたくさんの妊娠線ができてしまいました。線の色は内出血している色(赤紫色)で、5ミリから8ミリくらいの太さの腺が3センチ〜5センチくらいの長さで数本できました。

 

さらにお腹の下腹部分にもできていて(お腹が大きかったので気づかなかった)、それは産んでから見つけました。

 

それでもそのときには、産んだら薄くなって治るんだろうなと軽く考えていました。しかし、妊娠線は一度できてしまったら治らないのだと知りました。妊娠線予防クリームはコミで評判のものを使うと良いでしょう!

 

赤紫色ではなくなるものの、やけどの跡のツルツルしたような肌になり、そこだけ皮膚の色が違っています。私の場合は他の部分より白っぽくなっています。妊娠線を防ぐには、とにかく毎日クリームを塗り続けることだそうです。

 

そして、妊娠後期の急激な体重変化に気を付けることです。必要以上に太ってしまうと妊娠線ができやすくなってしまいます。とにかく急激にお腹周りや太もも周りが変化してしまわないように気を付ける必要があります。

 

妊娠線を作りたくない方は、面倒でも毎日のケアが必須です。

妊娠線のケアを怠ったことを後悔しています関連ページ

分娩室に血圧が落ち着かない患者をまさかの放置?
分娩室に血圧が落ち着かない患者をまさかの放置?思い出したくない出産体験をご紹介します!
我が家の妊娠中の旦那さんの様子
実は今回妊娠4回目です!旦那さんの協力のおかげで4人目の妊娠をすることができたんです!